ゲイ生活が長い今の私でも、銭湯・サウナって何だか欲情します・・・どうしてですかね?
汗?スチーム?

あの熱い限られた空間の中に知らない男と一緒にいるだけで興奮してしまいます。
そういうゲイの方も多いのでは?

もちろんノンケが多い一般サウナにもゲイの方御用達のサウナは全国各地に存在します。
そんな銭湯・サウナをテーマに、今回は書いてみようと思います。

見られていることを意識

本来銭湯やサウナはハッテン目的の場所では無いんですが、今回はハッテンが目的という視点なので、いくつか私なりのポイントを書きます。

まずは基本中の基本なのですが、自分が見られていることを意識しましょう。

油断しがちなのが、脱衣場や体を洗う場所です。
次第に裸体になっていく様はセクシーですし、男は背中で語る、という言葉があるように、貴方の背中に欲情する人もいるんです。

この意識は入浴中やサウナ内でも意識するべきです。

入浴中の注意点

入浴中ですが、実はここはハッテン率が低いんです。
理由としてはムラムラよりも、ほっこりモードが入ってしまうからです。

そしてハッテン方法が難しいのも理由の一つです。
仮にハッテン場だとわかっていても、広い浴槽の中で、密着して入浴するのは、不自然ですよね?

しかし例外もあります。
それはジェットバスやにごり湯など、外から中が見えないお風呂です。

ここはハッテンポイントです。
使用するのは、足です。
触れそうで触れないところに足を置いてみる、自然に足をぶつけてみる、等方法は色々ですがそこにハッテンチャンスがあります。

サウナの注意点

サウナですが、ハッテン確率が低いのは、いわゆる普通の明るいサウナです。
ここはゲイのハッテンサウナでも真面目?に来ている人やお酒を抜きに来ている人が多いので、非常にハッテン確率が低いです。
熱いし、ハッテンのための体力を削がれるので、控えましょう。

サウナでおすすめは、もちろんミストサウナです。
大なり小なりとありますが、ミストサウナでは数多くの雄たちが盛り上がっています。

アプローチの仕方は座る位置です。
正面に座ると違和感があるので、斜め前辺りに座るんです。

そして自分の股間を隠しているタオルをずらすんです。
汗を拭きとり、タオルを絞るのも効果的です。

ゲイサウナであれば直接触るのもありですね。
ミストで濡れた体が、あなたの魅力をより一層引き立てます。

一般の銭湯・サウナの注意点

ゲイサウナが無い地域がほとんどなので、皆さん一般の銭湯・サウナで出会っている人も多いようです。
固有名詞を出してしまうと問題があるので、控えさせて頂きますが、でもハッテンしたいですよね?
ポイントは二つあります。

まず、深夜営業しているかどうかです。
一般銭湯でのゲイの出現率は深夜、具体的には23時以降が多いようです。
ただの銭湯ではなくて、サウナもあり、理想を言えば露天風呂がある深夜営業している場所は穴場です。

二つ目は掲示板の活用です。
簡単に言えば自分でハッテン場にしちゃうんです。

思っているよりもゲイはあちこちにいるので、掲示板を活用し、出現告知をするんです。
嘘も方便ですが、集めるために過度なプロフでもいいんです。

ただ、これは一般の方も利用する場所なので、節度はわきまえましょうね。

ここがハッテンサイン!

全体を通してのアドバイスですが、うろちょろしない事です。

特にゲイサウナは広いですが、うろちょろするのは逆効果です。
一般サウナでは、不審です。

じゃあ、どうやってハッテン出来るか、見極めるの?

意外にも答えは簡単です。
アイコンタクトなんです。

日本人は苦手な方が多いですが、目と目があった瞬間がハッテンサインなんです。
言葉では上手く書けない感覚ですが、体感するとわかるはずです。

それでも不安な方は、さりげなく通路ですれ違って、手の甲をぶつけてみましょう。
その感じたサインが間違いなければ、彼がきっと貴方の元へ・・・。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「発展場」のページに戻る