ガチムチという言葉を聞いただけで心がムラムラするのは、私だけでしょうか?

男らしさの象徴というか、ガチムチなだけで頼りがいがある、ソルジャーのようなイメージを抱きます。
そんなガチムチゲイとの出会いを望んでいる人は少なくないはずです。

ライバル多いな(笑)

そんなガチムチさんが今回のテーマです。

ガチムチはガチムチが好き?

自分がもしガチムチ好きなら、業に従えでは無いですが、ガチムチになるとモテる気がしてませんか?

以前の私もそうでした。
でもガチムチってそんなに容易になれるものではありません。

ある程度の筋肉量に、若干脂肪が載っている体型って、意識的にマッチョになったり、痩せるのよりもうんと難しいんです。
でもこれは私の経験上ですが、ガチムチはガチムチが好きなわけではありません。

案外自分と違う体型の人も好きなんです。
これはストイックなマッチョさんとは違いますね。

でも、何故か短髪はキーワードのようです。
男っぽい人が好まれる傾向にあるようですね。

ガチムチさんと出会いたい方は可能であれば、まず短髪を意識しましょう。
耳にかからないくらいがお勧めです。

ガチムチさんとハッテン場、ゲイバー

ガチムチさんと最も出会いやすいのがハッテン場やゲイバーでしょう。

それはガチムチさんの場合、どちらもコンセプトがはっきりしているからなんです。

お店自体で決まりがあるわけではないのですが、ガチムチさんは自然と群れます。
飲み屋でも、ハッテン場でも・・・ホントに集まります。

恐らくママさんがそういう感じだからというのもあるかもしれません。
もちろんガチムチ限定の会員制にしてるわけではないので、気軽に訪れてみましょう。

地域性も強いようで、都内であれば上野などのゲイバーやハッテン場に行くとガチムチさんがゴロゴロしています。

上野には館内着があるハッテン場があり、ジム施設がある為か、ガチムチさんはたくさんいるので、少し自分に自信が無い人でも広い場所で会いやすい環境は整っています。

ガチムチさんと掲示板、アプリ

ガチムチさんと会う際に一番難しいのが、掲示板やアプリです。

出会える頻度として多いはずです。
ただ気を付けなければいけないのが、“自称ガチムチさん”が多い事です。

元々ゲイ用語であるガチムチですが、考えてみればあいまいな表現なんです。

ガッチリなの?
ムッチリなの?

厳しいことを言うと、ただ単に太ってしまい体が大きくなってしまった自分を“ガチムチ”だと称して出会い、会ってみたらただのデブだった・・・という痛い経験になりかねません。

確かに定義は無いし、見た目が全てではないですけど、そこでガチムチというブランドを振りかざしてほしくないですよね?
私はいつも、さりげなく過去の運動経験なんかを確認するようにしています。

ガチムチさんとおデブさんの違いは、体に基礎があるかどうかなんです。

過去に何かしら経験している人は体の基礎があるんで、多少肥えても貫禄がある、つまりガチムチになっていることが多いんです。
露骨すぎると失礼なので、タイミングは重要ですけどね。

ちなみに、ガチムチのゲイに会いたいならマッチドットコムが人気です。※18禁

体を重ねて感じるもの

出会いのチャンスは山ほどあるけど、身長、体重、運動経験・・・どれを取ってもやはりガチムチに基準はありません。

最終的には、肌を重ねなきゃわからないものなんです。
自分自身の感性が基準です。

実際ゲイ雑誌などでガチムチ特集なんかを見かけることがありますが、私にはガチムチには見えない人がたくさんいました。
でもこれだけ浸透している言葉なので、いきなり、「ガチムチ募集」なんて出会いを求めたら相手が気負ってしまいます。

「少し体が大きな人募集」くらいにして、まず出会いの幅を広げて下さい。

彼がガチムチかどうかわかるのは、彼と体を重ねたその時なんですから。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る