世間では「イケメン」と呼ばれる男性が人気です。
テレビでも「イケメンタレント」などが有名企業のCMなどに出演し、活躍しています。

ただ世間でいう「イケメン」の多くは女性がターゲットであり、イケメンアイドルグループなどのコンサートも女性中心になっています。
ではゲイの世界でいう、「イケメン」とはどのような人を指すのでしょうか。

一般的には短髪であっさり顔、がっちりした体つきがもてるとゲイ雑誌の統計には出ていました。

無論、趣味は様々であると思いますが、ゲイの世界ではスポーツマンタイプが一般的に万人受けが良いとの結果が出ています。

ハッテン場で出会う

ゲイの想像する「イケメン」は無論、顔つきも考慮されますが、体つきも重要です。

ハッテン場の場合、裸に近い格好なので判断が容易です。
特にガタイ系ハッテン場の場合、短髪でがっちり体系なら、目に留まるはずです。

ただ外見の良い人は、やはり競争率が高いです。
体の関係だけならハッテン場で良いと思いますが、長く付き合いたい人には不向きです。

無論、出会いを求めている人もいますが、ほとんどの場合は「その場限りの体の関係」を求めているからです。

しかし、まずは最初の「きっかけ」としては最もハードルが低いです。

ゲイバーで出会う

まずは会話をしてその人の「人となり」を知るきっかけになる出会い方です。

外見とは裏腹に、面白い趣味を持っていたり、特定の事柄に妙に詳しいなど、外見からは想像も出来ないような、俗にいう「オタク」ぶりを発揮する人もいます。

そのようなギャップが面白いと感じる人には、バーでの「会話中心」の出会いが良いと思います。

外見が良し悪しだけでなく、他者ときちんとしたコミュニケーションが出来るかどうかを見極める方法としてもお勧めです。

ハッテン場などの出会いが苦手で、まずは会話から楽しみたいという人にも良い方法です。

ネットで出会う

ネットを通じて出会う方法もあります。

画像とともに載せるタイプの掲示板も多く、会う前に自分のタイプかどうかを確認出来ます。

最近では「詐欺画像」と呼ばれる、写真を加工して載せる場合もあるようですが、別人かと思うような加工をする人はさすがに少数なはずです。
ただ対面でない以上、本当にタイプかどうか静止画ではわからない部分もあります。

ミスマッチを防ぐためにも、自分がどのようなタイプが好きなのかを明確に記載しておくことが必要です。
ある人には「イケメン」でも、別の人には全くタイプでない場合などもあり得ます。

ちなみに、イケメンのゲイに会いたいならマッチドットコムが人気です。※18禁

出会うときの注意点

例え自分のタイプの人でなかったとしても、待ち合わせの段階で着信拒否や無視などの非常識なことはやめましょう。

「ハッテン場での出会いはハッテン場で終わる」という言葉もありますが、ゲイの世界の場合、体から入る付き合いも「有り」だと個人的には考えます。

自分のタイプであった場合、気分が高揚することはよくあることです。

しかし、必要以上に個人情報などを話さないように気を付けましょう。
相手だけではなく、誰が聞いているか分かりません。

映画の話や、趣味の話など、まずは無難な話をして人となりを判断することが重要です。

まとめ

一般に「イケメン」は「顔が良い人」という意味で使用されることが多いです。

「人は見た目が9割」と言われるように、男女ともに外見が良い人は、それだけで得することも多いです。

しかしゲイの場合、顔も需要な要素である反面、体つきも重要視されます。
その点ではノンケ(異性愛者)の世界よりもシビアと言えます。

なぜならブランド品や、髪を伸ばす、ビジュアル系の化粧をするといったノンケの「イケメン」の演出が、ゲイの世界では通用しにくいからです。

世間一般ではイケメン扱いされない顔も、ゲイの世界では人気が高いなどと、世間の「イケメン」とかけ離れたところがあります。
ゲイ雑誌やビデオなどを見ても、「イケメンノンケ」という言葉は、マッチョ系が多いです。

イケメンと出会う方法、それは自分自身が体を鍛えることが最も近道です。
「マッチョ」になるのは大変ですが、がっちりした体型になることは、ある程度のトレーニングで可能です。

イケメンゲイに出会う方法、それは自分が体を鍛えることだと考えます。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る