海外でゲイと出会いを見つける方法!

日本と海外では全くゲイシーンが変わります。
それは国民性であったり、宗教上であったりと理由は様々です。

しかし、100人の村があれば11人が同性愛者であると言われるほどゲイ人口は多いのです。
ゲイが一人もいない国なんて無いんです。

今回は海外のゲイシーンや出会い方のコツをアドバイスしていきます。

海外でのゲイとの出会い事情

近年ではゲイアプリを利用した出会い方が多用されています。

やっと日本でもスマートフォンが当たり前になりましたが、海外はそのずっと前からスマートフォンが主流でした。
様々なアプリが開発されており、それが日本でも流行りだしたというのが正式な流れです。

またこれは海外独特ですが観光客を狙って出会う方法も活用されています。
そこで役立つのがやっぱりアプリです。

島国である日本人は海外旅行が大好きなので旅先でのバカンスで、素敵な出会いが起こることも容易になりました。

海外でモテるタイプは?

日本人の悪い所は、いくつかありますが奥手な所です。

趣きがある、古風であると言ったポジティブな表現にも変えられますが、出会う事に重点を置くのであれば、それが日本人の弱点になります。

海外でモテるタイプはアクティブな人です。
初対面の人にどれだけフランクに近付けるか、これが海外でモテるタイプです。

ある程度容姿なども必要要素ではありますが、海外のゲイビデオを見てみると様々な容姿の人が登場します。
ビデオに出演してる人は容姿だけでモテる人ですが、現実世界ではそうはいきません。

実際行くとわかりますが心を開き、オープンになれる人がモテます。

海外でゲイとの出会い方

海外のゲイバーはショットバー形式のお店がほとんどです。
日本のスナックのように接客するスタッフがいるわけではなく、来店した人同士が話をするようなお店が多いです。

一人で訪れた場合はカウンターをお勧めします。
地元民もカウンターで一人飲みをしていることが多いです。

酔いに来ているというよりは時間を楽しみに来ているというイメージです。
席が近い、しかも二人ともゲイというだけで距離を締めるチャンスになります。

ハッテン場は日本よりも規模が大きい店舗が多いです。
観光地になっている場所には多国籍なゲイが来店します。

驚くほど人数がいるので、待っていても、こちらから動いても容易に出会いはあります。

国によってはゲイバーとハッテン場が一体化している飛び切りエロスな場所すらあります。
IDが必要なので忘れずに携帯してください。

そして最後にゲイアプリ、これはバーでもハッテン場でもそれ以外の場所でも幅広く利用されています。
出会い重視というよりも、チャットのようにゲイ同士の連絡手段として利用されています。

海外を訪れる前に、是非その国で愛用されているアプリをチェックし、現地の方と交流をして下さい。
アドレス交換などわずらわしい手間が無く、連絡を取り合う事が可能です。

地域別のゲイとの出会い方

冒頭にも書きましたが、一言で海外といても様々な国があり、それぞれの国によって特色があります。
日本でも有名なのがゲイの聖地、タイでしょう。

また全土で同棲婚が認められたアメリカもゲイ同士がオープンで生活しやすい環境が整いました。
私のお勧めの国はヨーロッパ、中でもドイツです。
私のドイツの印象は、“面倒なかけひきはせずに本能のままに出会いを求めに行く”、そんな印象を持っています。

その他国によって、出会い方のコツやクルージングスポットが多々ありますので、以下の記事でまとめております。
訪れる機会がある方は参考にして下さい。








海外でゲイとコミュニケーションを取る方法!英語は必要!?

海外に行く際に一番不安なのが言葉の壁でしょう。

ほとんどの国で英語が通じますがヨーロッパや南米諸国では英語が通じない地域があります。

出会いとは別として、海外で生活する為には最低限の英語は必要です。
アプリ上でのやり取りでは自動翻訳機能もあるのであまり不便には感じません。

しかし、現地に行く前にその国で使われている言語の翻訳アプリはダウンロードしておきましょう。

また海外では言葉だけでなく体を使ってコミュニケーションを取ります。

例え単語しか知らなくてもジェスチャーでコミュニケーションは意外と取れてしまいます。
ご心配なく!

海外でゲイと出会う時の注意点

これはゲイに限った事ではありませんが、海外で気を付けなければいけないのは盗難と犯罪です。

有名な観光地でも出会いを餌にして金品を盗難されたり、海外でもゲイシーンはダークサイドなのでハッテン場などはノンケがわかりづらい場所にあったりします。

アクティブになる事が出会いの秘訣だとは言いましたが、断られたら素直に身を引きましょう。
トラブルのもとです。

またどんなにタイプの人でも金品に関しては信用しきってはいけません。
シャワーを浴びている時など油断するときは必ず発生するので管理は重要です。

まとめ

海外のコラムを書かせて頂いて一番感じたのが、ゲイのいる生活がいかに普通であるかです。

もちろんアプリなどで秘密厳守のやり取りをしてはいるのですが、昼間のランチタイムにゲイ同士が容易に会えるのが海外です。
根本的に人とのコミュニケーションに対する考え方が違うので、そこにどれだけ早く順応できるかがキーポイントになります。

そして重要なのはアプリの活用です。
初めて訪れる国では不安も多いはずです。

そんな時はゲイであるという仲間意識を活用して、アプリを使い出会いを求めてから向かうと更にその国を楽しむ事が出来ます。

アプリに慣れていない方はまず、日本で出会いを求めるアプリを利用して少し練習してみるのもいいでしょう。
海外から学び、日本での自分の出会い向上力へと変換できればベストです!

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る

ページの先頭へ