以前こんな事がありました。

元彼なんですが、私が彼の車の助手席に乗り込むと、座席が少し下げられていたんです。
ふと気になり、彼に尋ねたらこう言われました。
「だってmakotoさ、いつも座席下げるじゃん。だから少し下げといたんだよ」

何だか言葉に出来ない嬉しさを覚え、彼のことを紳士的に感じたのを覚えています。

紳士的な男性との出会いは女性も然り、ゲイも憧れるものですよね。
そんな紳士的な男性と出会うためには一体どうしたらいいんでしょう?

紳士のイメージ

一般的には紳士とは礼儀正しく、マナーが長けている男性を指すようです。
また裕福だとか余裕のある大人の男性のイメージもあるようです。

上記の例では、私は伴侶(私)を思いやる相手も気持ちに紳士的な印象を受けました。
つまり逆に言えば 紳士はどこにでもいるのが現在の世の中だという事です。

タイタニックのような貴族社会が無い今は、いつ、どこでも、隣に紳士が現れてもおかしくないのです。

紳士とハッテン場

紳士という言葉から最も遠い位置にあるのがハッテン場ではないでしょうか?
紳士は名も知らない初めて会った男性を抱いたりするのでしょうか?
・・・あるかもしれませんね。

ただ相手が紳士的かどうかを見極めるためにはある程度の交流が必要です。
一期一会も多いハッテン場ではせっかくの出会いも台無しになる事も多いです。

きっかけが体というのは置いておいて、体を重ねたからこそ感じたもののあるはず。
何かビビッと感じたらその人と交流が持てるようにこちらから積極的に動いてみて下さい。
好意を寄せられて嫌な気持ちになる人はいません。

紳士かどうかはそれからです。

紳士と掲示板、アプリ

一番堅実的なのがインターネットを使った出会いではないでしょうか?
リアルじゃないから交わせる言葉があり、本当の自分が出てしまうものです。
今は顔もわかる時代になったので、更に容易になりました。

ここで大切なのが、言葉です。

出会いの数を増やすだけであれば、すぐに会ってしまってもいいと私は思います。
しかし、紳士的な出会いがしたいのであれば、事前に心の触れ合いが重要になります。
難しい事では無く、何気ない会話でいいんです。

紳士的な方はその節々に優しさが滲み出ていて、とても温かい気持ちになります。
そこまで心を温めてリアルしたその出会いは、貴方にとって特別なものになるでしょう。

紳士とゲイバー

可能性が薄いですが、当たれば成功率が高いのがゲイバーです。

ここでとても大切になるのが、お店選びです。

お酒の飲み方は人それぞれです。
カラオケがガンガン鳴っている、まるで遊園地みたいなゲイバーにも紳士はいると思います。
個人的にはそういう店も嫌いでは無いですが、でもそんな雰囲気の飲み屋で、はたしてその紳士的な人と話が出来るでしょうか?

紳士的な男性は、喧騒から少し離れた静かな時間を好む方が多いです。
酔う為にお酒を飲むんじゃなく、心落ち着く時間を過ごしたくて、そこにたまたまお酒がある、みたいな。

具体的な店名をあげられないのですが、そういうお店はいくつもありますし、そういうお店が集まっているエリアもあります。

飲みに行かれる時間も重要かもしれません。
個人的にお勧めなのは22時から23時半位ですね。

紳士は心

紳士的かつ見た目がタイプの男性ってなかなかいないです。
会えたらそれはほぼ運命かもしれません。

でもここで忘れてはいけないことが一つあるんです。

それは、
“あなたも紳士的な男性かもしれない”
ということです。

元々相手への思いやりや気遣いから生まれた言葉です。

裕福な人という話もしましたが、幾らお金持ちでも野蛮な男性には紳士的な印象は受けませんよね?
肝心なのはそこじゃなくて、結局は紳士は心だという事です。

探しても中々いない・・・では貴方が紳士になってみて下さい。
類は友を呼びますよ。

紳士は難しいかもしれませんが、人を気遣う心は貴方にもあるはずですから。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る