ハッテン場の施設名

マラサイト

ハッテン場の場所

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5丁目35−5

当時のプロフィール

174*73*23

ハッテン場に行ったきっかけ

23歳で東京に上京しました。当時はまだ、いわゆる「ノンケ」でした。しかし、ある事をきっかけに男に目覚め始めます。

新人研修で、1週間ホテルに泊まり込みで業務内容の勉強、マナー講義など朝から晩までみっちりとスケジュールが組まれ遊びに行く元気もなく、会議室と部屋の行き来だけの状態でした。新人なので当然1人1部屋も与えられることもなく2人1部屋でした。

僕は、九州から出てきた身長180cm白濱亜嵐似の真也ってやつと同部屋でした。普通に仲良くなっていったのですが5日目の夜に事件が起きました。

研修がちょっと早く終わったので、2人でゆったりしながらお酒を部屋で飲んでいると突然「一緒に風呂入らない?」と言われ、最初はちょっと嫌だと思ったんですが、あまりにもしつこいので一緒に入ることに。
ユニットバスでは無かったので割と広々とした風呂。先に湯船に入っていると真也が入ってきました。白濱亜嵐に負けないくらいのムキムキ。まさかのパイパン。ちょっと疑いましたがスポーツのせいだろうと思ってました。
お互い体を洗い、風呂を出ようとすると真也に腕を掴まれました。振り返ると完全に勃起した状態。そして、突然抱き付かれ「我慢できんかった。」と。訳が分からず多少酔っていたので身を任せているとキスをされました。さすがにマズいと思い振り払うと気まずい雰囲気に。

そのまま、お互い気まずいまま時間が流れていたんですが、どっかで真也となら悪くないなって思っている部分がありました。
意を決して「何したいの?」というと「ぶっちゃけやりたい」と。
何かの経験だと思いオッケーすると「外に行こう」と言われ、向かったのは駅から近くの【マラサイト】というよく分からないところ。

マラサイトを利用した感想

受付は真也が全部済ませてくれてパンイチになり中に入った。当時ノンケの僕には異空間過ぎて帰りたくなった。
真也が手を引き、個室へ。個室といえども外からは普通に見える。
もう、ここまできたらやるしかないと決心。真也に全て身体を委ねた。身体が徐々に反応し、お互いギンギンに。あれ?俺男いけるんだ。というなんとも言えない気持ちを抱いている頃には真也と合体していた。扉の上から誰かに見られているのにも関わらず、とにかく欲望のまま腰を振った。30分くらい、初めての男の身体を楽しんだ後中で果てた。
何かもうスイッチが入ってしまい、掘れるなら誰でもよくなった。真也が身体を洗いに行っている間、広い人が沢山いるスペースに行った。サラリーマン風のガッチリした人に声を掛けられ、その広間で10人位が見ている中掘った。
顔に出して欲しいと言われて顔射。真也の事など忘れていて無我夢中だった。

それから真也とは研修の度にマラサイトに行っている。
もちろん一人で月一くらいで性欲発散しにも行っている。

ハッテン場へ行こうと考えている方へアドバイス

西日暮里駅からすぐ近くということで、利用しやすいマラサイト。都内で若い人もときどきいると聞きます。良い出会いもあるようですね。

土日祝日は人が多いので発展場には向かないです。
平日でも12時のお昼期は避けた方がいいです。
一番人がいない時間帯は午前中でした。

ですが、一番確実なのは時間云々よりアプリや掲示板に出現予告を書き込むことです。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい

「ゲイとの出会い体験談」のページに戻る