ハッテン場の施設名

福岡県大野城市大野城総合公園

ハッテン場の場所

816-0902 福岡県 大野城市大字乙金 618−12 (まどかパーク)

当時のプロフィール

166#53#23

ハッテン場に行ったきっかけ

今年35歳になる男です。
私が初めてハッテン場に行ったきっかけを話します。

私は小さい頃から異性に興味を持てず、同級生が「~ちゃんが可愛い」「~ちゃんのことが好き」という会話を聞いてもピンときていませんでした。正直浮いた存在だったと思います。

中学生になって、自分が異性に興味を持てないことに不安を感じていました。そのうち異性に興味を持つようになるだろうと考えていました。

気づけば高校に進学。周りの友達にも彼女ができ始めましたが、私には彼女はできず。それはそうですよね。だって異性に興味がないんだから。

そんな中、同じ学校で気になる人ができました。同じクラスの男子でした。向こうは友達だと思って接してくれてましたが、私は友達以上の関係として見ていました。
体育祭・文化祭・クラスマッチなどイベントを重ねて友人としての仲は深まるけど・・・それ以上は望めませんでした。

そして何も発展せず卒業し、その人とは別の大学に行き、私は地元の会社に就職をしました。

大学・社会人時代に彼女はできました。けど、好きという感情は無く、「周りに変に思われたくない」という一心で異性と付き合いました。
やはり、そんな思いで付き合っても長くは続きません。
「私のことほんとに好きなの?」「何を考えているのか分からない」、そんなことを言われて別れを繰り返してきました。

自分を偽っても仕方がない。自分に正直に生きないと、生まれてきた意味がない。
そんなことを考えた時に、「ハッテン場」という存在を知りました。
「自分のように同性に興味を持つ人が身近にいるんだ!」
そう気づかされて、私はハッテン場のサイトにアクセスし投稿をし始めました。

今は人生に満足しています。自分を偽らずに生きていくことに気づかされたのだから。

印象的だったエピソード

自分をごまかして異性と付き合ってきたのですが、自分に正直に生きようと決心し過ごしていました。
ある時、ハッテン場についてネットで検索して、家から近くもなく遠くもない場所にハッテン場を見つけました。
探せばすぐ出てくるもので、車で20分程の距離。
掲示板を見ると、投稿も活発にされていて、私もすぐに投稿しました。
「初めて投稿するんですが、お互いに見せ合い出来ませんか?」
返事が沢山来て、私はすぐにハッテン場に向かいました。

焦る気持ちを落ち着かせ、無事に目的地に到着しました。
「着きました!」
と返事すると、「階段傍のベンチに座ってるよ!」と返事がきました。
踊る気持ちを落ち着かせ、急いでベンチに向かうと。。。

なんと相手は2人いました。
当然相手は1人だと私は思っていたので驚きました。
相手の方と話すと
「僕たちは男好きの友達でよくここにいるんだ」とのことでした。

どう対応したらいいか一瞬迷いましたが、そのまま雑談をしました。
異性を好きになれずに悩んだこと、同性を好きで悩んだこと。
そんな、真面目な話も沢山しました。

その後です。
「で、今日はそんな用事じゃないよね?もう始めようよ?」
言われて恥ずかしい思いと、それ以上に自分が望んだ行為が出来る喜びがありました。

それから私は、2人を相手に行為に及びました。
同性と初めてだったにもとても緊張しました。
ましてや、外での行為だったので、未だに鮮明に覚えています。
口でしたことも当然無い中で、奥まで突っ込まれたんですが、それが嬉しくて気持ちよくて。
相手が気持ちよさそうにしている顔を見るのが、私も嬉しかったです。

その後、私も緊張がとれたのが、前に後ろに行為を及びました。
今思うと初めてだったのに、よくそこまで出来たなと思います。

今となっては、そのハッテン場は私の庭になっています。

ハッテン場へ行こうと考えている方へアドバイス

野外の発展場の体験ですが、いい人に会えればこのような体験もできますが、卑近は公共の場のためあまりおおっぴらにはできません。

今の所、野外発展場で出会うにはアプリや掲示板に書き込むのが一番確実な方法でしょう。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい

「ゲイとの出会い体験談」のページに戻る