ハッテン場の詳細

コロナクラブ 名古屋

〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南3丁目3-3

コロナクラブは日本最大級のゲイ専用ホテルです。

  • 休憩3,080円〜(部屋タイプによる)
  • 宿泊4,840円〜(部屋タイプによる)

営業時間

※宿泊は18時~翌11時

ハッテン場に行ったきっかけ

もともとノンケだったのですが10代の頃からアナル に興味があり、細い棒を入れてみたり、指で刺激したりしていました。20代になると、お金に余裕が出てきたため、最初はアナル パールからはじめ、徐々にアナル バイブ、前立腺を刺激するタイプと刺激を求めるようになっていきました。アナル に入る太さも10代では指1本程度でしたが、20代になると2本、3本と入っていくとようになりました。

そうなってくるとアナル セックスに興味が湧き、当時の彼女のアナルを犯してみました。彼女のアナルに指が3本くらい入ってほぐしたところで挿入、非常に興奮し、すぐ射精しました。しかし、反応を見ていると自分も入れられたくなってしまいました。自分が求めているのは挿入することではなく、されることだと思ったんです。
それからは自分のアナル へのペニスの挿入感を求めるようになり、バイブではなく固定できるディルドを使用するようになりました。ディルドも巨根レベルの大きいもので、指4本をアナル に入れてローションでほぐす。ほぐしてから、ディルドにもローションを塗り、お風呂のフチに固定し、跨ぐようにしてアナル に挿入、挿入する時には力を抜き入りやすく、抜くときは力を入れる。

すると、快楽が全身に広がり、セックスするよりも何倍も感じました。ディルドでこれだけの快楽を得られるのであれば、本物のペニスであったら自分はどうなってしまうんだろうと考えました。
ゲイ向けの「発展場」というものがあること知っていましたが、恐怖心もあり、行っていませんでした。
でも自分の欲望に勝てず、とうとう行ってみることにしました。

印象的だったエピソード

私のアナル初体験の話になります。
名古屋、発展場というキーワードで店をインターネットで探すと、何軒かヒットしたのでその中で、上位にある評判が良い店に行きました。
準備として、自ら浣腸をしアナル をきれいにしました。アナル プラグを持っていたので、それをして電車に乗って向かいました。かなりドキドキして出発しました。アナルプラグをして電車に乗るという行為だけで、ペニスは勃起し、先走りが出ていました。お店に着く頃にはもうパンツが汚れるほど興奮していました。
選んだお店は繁盛店だけあり、清潔で煌びやかでした。更衣室で腰タオル一枚になり、いざ部屋に入っていきました。4階に40才以下限定の部屋があり、ひとまずそこへ向かいました。

部屋には何人かの男性が寝そべっていたり、椅子に座っていました。その中の一人、30代ぐらいのマッチョな方から声をかけられました。
「君、初めて?」と優しく声をかけられ、「個室行かない?」と誘われました。
誘いに乗って5階にある個室へ向かう最中、アナル を触られました。
プラグの存在に気づいて「エロいね」と言われその方のペニスはギンギンになっていました。もちろん自分のペニスも興奮してギンギンで先走りがでてしまってます。
個室への入場の手続きを済ませ、個室に入った途端、私はベッドに押し倒されました。「初めてなのにこんなの着けて」と言われながら、タオルを剥ぎ取られ、正常位の姿勢にされました。

これから私は犯されるんだと思うと非常に興奮しました。相手は手慣れた様子で、私からプラグを抜き取ると、ペニスにローションをつけ、そのまま私に挿入してきました。その後もベット上で正常位で犯しながら私のペニスをシゴいてくれました。実際のペニスが自分のアナルに入っていると思うともの凄く興奮してしまって声が出てしまいます。相手も気持ちよさそうでガンガン掘られていると急に気持ちよく感じられました。そして、そのまま掘られながら二人とも同時に「やばいやばい、いいいいくー!」と言いながら絶頂に達して発射しました。

人生初の気持ちよさでした。それから毎週のように通っています。彼女とも別れて完全にゲイライフを満喫しています。

これからハッテン場へ行こうかと思っている人へ

コロナクラブはエロい発展場で有名ですが、発展行為は性病やウィルスには気をつけて楽しみましょうね。

また、ハッテン場によっては年齢層やスタイルが違うので、行く前は必ずネットで情報を集めてから行きましょうね。

ネットで出会うならマッチドットコムがおすすめです。たくさんのゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい

「ゲイとの出会い体験談」のページに戻る