175#74#44のゲイの体験談です。

ハッテン場の場所: 宮崎県宮崎市「宮崎ロマン」

宮崎県宮崎市中央通6-10

2020年4月にコロナの影響で休業、その後宮崎ロマンは43年の歴史に幕を閉じました。

ハッテン場に行ったきっかけ

そもそも、この性癖に喜びを感じ始めたのが30代以降です。

私が東京勤務のころ、新宿2丁目のお店へ知り合いに連れていかれ、そこで働く美少年と初めてのゲイ体験をしたのがキッカケで、その後も頻繁に2丁目へは出向いて、年下美少年とのセックスに酔いしれていました。

現在は福岡勤務となりますが、比較的出張も多く、定期的に東京にはいくことがあり、宿泊先の五反田にあるビジネスホテルへ売り専ボーイを呼んで、ひたすら若い美少年を招いて犯しています。

東京にいたことろは、有料の発展場含め、上野や新宿など週末の仕事帰り頻繁に出向いていましたが、会社の転勤を受けてからは、そういった発展場へ行く回数も減りましたし、発展場の数もなかなか少ないといった現状で、一旦、地方での発展場を利用した行為はかなり数が減ります。

そういった中、ネットなどで情報を入手しながら、何とか福岡でもいくつかの発展場で遊べるようになり、最近は、九州の宮崎県が仕事上、私の担当エリアということで実務的には、福岡より宮崎への出張、ホテル生活が増えていきます。

そこで宮崎についても発展場情報をネットで調べ、市内繁華街の中で一番有名で、私的にもホテルから徒歩10分程で行けるといった立地上条件であった発展場が「宮崎ロマン」と言う映画館となります。

私は週に1度、週末には宮崎ロマンを覗いてみることが定例になります。

ここは、宮崎市中心地を走る橘通から、一番街というメインアーケードを抜けて、右手2つ目の角を曲がり、50Mほどで歩けば右手に看板があります。

印象的だったエピソード

仕事が終わり週末に、軽く食事と一緒にお酒を飲んで、夜な夜な「宮崎ロマン」へ初めて行きました。

映画館に入ると、いつもの男性独特の匂いが充満しています。受付で会計を済ませ、館内に入ると5~6名ほどの客がいたと記憶しています。私は後部側の座席に腰掛けて、しばらく成人映画を見ていました。

それから5分ほどしてからだと思いますが、後ろに気配を感じたかと思うと、私の耳元で息を吹きかけてくる男性がいます。振り向くと比較的若い、おそらく20代の男性で細身のイケメン風な男子と目が合います。私は何も無かったかのように、再びスクリーンに目をやると、その男性が私の隣に座りました。そして、私へ何気なく体の接触を試みながら、太ももあたりに手を置いてきます。その手は徐々にズボンの上から、私のペニスを擦り出し、既に勃起したペニスを認識した男子は、私のズボンのファスナーをおろし、ペニスをむき出しにして扱いてきました。それを受け私も、彼の短パンをズリおろし、同じように彼のペニスを直に扱いてあげます。しばらくすると、彼は私の股間に頭を埋め、フェラを開始。

久しぶりの若い男子にされるフェラは最高でした。私は彼の頭を少々強く押さえつけながら、フェラの速度をあげさせます。そろそろ限界に近付いた私は、彼の口の中に放出。それからしばらくして、私も彼のペニスを厭らしくシャブってあげ、射精させてあげました。

これが、宮崎ロマンでの初体験です。

その後も、宮崎に出張に行く度に通い続け、時には映画館トイレ内でもフェラやアナルを犯すことが日常的になっています。

これからハッテン場へ行こうかと思っている人へ

発展行為は性病やウィルスには気をつけて楽しみましょうね。

また、ハッテン場によっては年齢層やスタイルが違うので、行く前は必ずネットで情報を集めてから行きましょうね。

ネットで出会うならBluedがおすすめです。たくさんのゲイと出会えます。
※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい

「ゲイとの出会い体験談」のページに戻る