ハッテン場:兵庫県神戸市 塩屋海岸

兵庫県神戸市垂水区にある塩屋海岸

ハッテン場を訪れたきっかけ

自分がゲイではないかと人生で初めて思ったのは中学3年生の時でした。

身体が細く軽かった僕は、体育祭の騎馬戦で男子3名のウマの上に乗っていた時、妙に興奮し彼らの腕が僕の股間をするたび、ペニスが硬くなってきて、学校のトイレでマスターベーションをしてしまいました。

その時の興奮が忘れられず、当時流行っていた漫画「バスタード」を読みながら、主人公ダーク・シュナイダーに犯される妄想でマスターベーションするような男の子でした。

そんな僕が発展場にはじめて行ったのは大学1年の夏休み、19歳のころでした。

僕が住んでいたのは兵庫県神戸市垂水区にある塩屋という街で、そこには全国的に「ホモ海岸」の名で知られている塩屋海岸という場所がありました。

JR神戸線に乗り、JR塩屋駅からJR須磨駅へ向かう途中、この塩屋海岸を電車で見ることが出来るのですが、夏になると昼間からブーメランビキニやふんどしを履いた男たちが見られ、僕も通学途中彼らの裸体を見ては目に焼き付け、家でオナニーをする毎日でした。

目の前にこんな光景が広がっていたら当然興味をもつのは時間の問題です。受験も終わり、暇を持て余した僕は、夏休みの夕方6時ころ、塩屋海岸へと足を運びました。

性に対する知識はあったのですが、男女問わずに童貞だった僕は少しびくつきながら塩屋海岸を散策していました。

砂浜には、イチジク浣腸や使い終わったコンドームが至る所に散乱しており、初めてコンドームの実物を見た僕はそれを手にとって、まじまじと眺めていました。

印象的だったエピソード

「ねえ」と声をかけられ振り向くと、そこには20代半ばくらいの男性が立っていました。

短く刈り上げた短髪に少し日焼けした肌、顔は若い頃の美木良介に似た感じの清潔感あふれる好青年風の男性で、引き締まった体格はボディビルではなく何かスポーツで作り上げた筋肉でした。

彼は緑色のブーメランパンツを履いており、盛り上がった股間が目を引きましたが、当時の僕は恥ずかしく、意識的にそれを見ないように彼の顔をしっかり見つめ返し、「何ですか」と答えました。

年下の僕の生意気な態度に苦笑しながら「ここハッテン場やから、男がそんなもの拾って見てたら誤解されるで」と彼は言いました。

僕は「ハッテン場ってなんですか?」と聞くと、彼は「男同士でやるとこや」と教えてくれました。

そして「自分、初めてか?」と彼が尋ねてきたので、僕はここに来たのが初めてという意味と勘違いし「初めてです」と答えると、彼は「ちょっとこっち来てみ」と電車の線路が上に通っているトンネルへと誘いました。

何だろうと思いついていくと、トンネルに入ってすぐ僕のズボンを下げ、ペニスを口に含み、「どや、気持ちええやろ」とフェラを始めました。

驚いた僕が「あの、あの」と戸惑っているとみるみる僕のアソコはギンギンになりました。

彼は立ち上がって僕に優しくキスをして、「君のチンポ舐めたんやで。チンポの味するやろ?」と微笑みました。

うっとりした僕は「分からないです」と言ってうつむくと、彼は「後ろ向いて、お尻突き出してみ」と言いました。

素直に彼の言葉に従う僕。後ろを向いた僕のアナルに自分の唾液をつけた指でマッサージをしながら、「はじめてなんやろ?ゆっくりするから、任せとき」とペニスを僕のアナルにあてがいました。

首だけ振り向き彼のペニスを見ると大きく膨張し、僕は思わず「そんなの入らないです」と言ったのですが、強い力で抱きすくめられ身動きが取れませんでした。

徐々に彼のペニスが僕のアナルに入ってきました。自分でも驚きなのですが痛みは彼のペニスが入ってアナルを広げられるときだけで、中にはすんなり入ったあとは痛みはほとんどありませんでした。

彼は「自分、普段からケツになんか入れてんの?」と聞くので、僕は「オナニーのとき、電動歯ブラシを入れてます」と言うと、彼は笑いながら「歯ブラシよりええやろ?」と言いました。

僕は彼の腰のグラインドに酔ったように、「はい。なんか凄いです」と答えました。

普段はお尻に電動歯ブラシを入れてバイブをオンにし、手でペニスをしごいて射精するのですが、彼のペニスがアナルの中で上下するだけで僕のペニスはいきり立ち、破裂するんじゃないかと思うほど反り返っていました。

ついに僕のペニスの先からにゅるりと精液がほとばしりました。彼は「イったんか?」といい、「ほなら、俺も」と腰を激しく振り始めました。

彼の激しい腰ふりに痛みを感じた僕は指で壁をかきむしりながら「あああ」と悲鳴を上げたのですが、同時に犯されてるというシチュが僕を興奮させ、またまた僕は射精してしまいました。

僕の2度目の射精とほぼ同じで彼も射精、僕の中で果てました。

彼は僕にキスして「どや?気持ちよかったか?」と聞いてきたので、僕は「はい」とだけ答えると、「この時間、俺ここおるから、また来いや」と去っていきました。

この塩屋海岸での出来事が僕の初体験だったのですが、本当に彼は優しくていい人だったのでよかったです。

これからハッテン場へ行こうかと思っている人へ

勇気を出して野外ハッテン場に繰り出し初体験をしてきたという話でした。ハッテン場では周りに迷惑をかけないようにしてウィルスにも気をつけて楽しみましょう!またネットで下準備・掲示板などをみてからいくとハズレが少ないです。

ハッテン場によっては年齢層やスタイルが違うので、行く前は必ずネットで情報を集めてから行きましょうね。

ネットで出会うならマッチドットコムがおすすめです。たくさんのゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい