ハッテン場:アトラス肥後寮(熊本県)

男同士の交流スペース☆彡 アトラス肥後寮 : 〒860-0811 熊本県熊本市中央区本荘4丁目9−27

ハッテン場を訪れたきっかけ

初めて発展場に行ったのは21~22歳の時。
高卒で就職し、親元離れて市内で1人暮らしを始めてから兼ねてより夢だったアナニーに手を出しました。実家暮らしだとアナニーは出来ないので、1人暮らしが待ち遠しかったのを覚えてます。
それからは良くある話で、アダルトグッズを買い漁り、アナニーにふける毎日の中で、本物を体験したくなったので発展場に行こうと思ったきっかけです。
最初はなかなか勇気が出ず、ウェブサイトで調べては行かないを繰り返してました。ただ興奮を抑えることは難しく、アナニーにもどんどんのめり込んで行きました。
ネットに情報が溢れている時代なので、エネマグラ、ディルドは当たり前に使用し、乳首開発も併せて行うようになりました。
ある日アナル周りの毛が気になり、脱毛に興味がわきました。思い立ったが吉日ということで早速脱毛を体験。店員さんに言われるがままIとOを脱毛しました。
アナニーのし易さも格段に上がり、鏡で見たときにかなりエロかったのを覚えています。
1度脱毛を経験すると、どんどんのめり込んでいってしまい、気が付けば手足やVゾーンも含め全身脱毛してました。
ツルツルになった姿を鏡で見ているとなんだか人に見られたい願望が沸々と溢れて来ました。
最初は近所の銭湯で我慢していたのですが、パイパンを見られるのが思いのほか興奮し、普通の銭湯だと勃起してしまいそうになりちょっと危険だと感じ始めていました。
どうしようもない感じでムラムラしていた時、ふと以前発展場を検索していたことを思い出しました。
ネットでの下調べでシャワールームがあるのは分かっていたので、「最初だし、シャワーだけで帰ったりしてもいいかな・・・」ぐらいの気持ちが芽生えたのが発展場に行くきっかけになりました。
料金も2,000円程度なので勉強料だと思えば全然安い金額です。それからほぼ毎日発展場のことで頭がいっぱいでした。
1週間後の休日に行こうと決め、オナニーせず1週間しっかり溜めました。ただこれがいけなかった。
禁欲しているとだんだんと思考が変態寄りになっていき、気が付けば掘られることも想像するようになってました。
前日は心臓がドキドキして眠れませんでした。時間が近づくに連れ興奮度がドンドン上がっていきます。
勃起はおさまらないし、我慢汁でパンツが濡れてました。「シャワーだけ・・・」なんて考えてたことはすっかり忘れ、1時間前にはしっかり腸内洗浄し、ディルドでアナルを馴らす始末・・・初めての男を受け入れる準備を着々と進めていました。
そして僕は人生初の発展場へ行きました。
きっかけはホントに些細なこと、きれいになった体を見られたいという気持ちでした。

印象的だったエピソード

発展場は何度も利用しているが、もっとも印象に残っているのは初めて行った発展場での経験です。そのご色んな経験をしましたが、未だに初発展場の興奮を超えることは出来てません。
自分が人生で初めて利用した発展場は店内までハッキリ覚えてます。
心臓が飛び出るほどドキドキしながら入口のドアを開きました。受付でお金を支払い店内へ、ロッカーに服や貴重品を入れ、タオル1枚になりました。
シャワーは浴びてきたので、ドキドキしながら奥へと進みました。店内は2階建てになっており、1階にはシャワールームと談話室?があり、2階には大部屋や個室があります。ここの発展場はウェブサイトに『待合い掲示板』というものがあり、そこに書き込むことで比較的お仲間に会いやすい環境にありました。
僕も事前に「初心者です。いろいろ教えて貰いたい」という内容にポジション(ウケ)も合わせて書き込みして、いくつか返信も貰っていたので店内には4~5人の気配がありました。
店内の雰囲気だけでめちゃくちゃ興奮し、オナ禁していたこともあり、ギンギンに勃起したまま歩きました。
奥に2人ほどのいるのがわかりました。僕が入ってくるのがわかったのか、1人がすっと立ち上がり、こちらへ近づいてきます。興奮半分、恐怖半分で立ち止まっていると、勃起したチンポを下手で握られ、「掲示板の子?もう勃起してるじゃん」と言われました。握られただけで射精しそうになったのはこれが初めてでした。
僕が小さく返事すると「チンポも先走り汁でヌルヌルだ。上に行こうか」と手を引かれ、おじさんと一緒に2階へ上がりました。
2階は薄暗く、大部屋や個室がありましたが、おじさんと大部屋へ。恥ずかしかったのですが、後からもう1人来ており、断る勇気もなかったのでそのまま始まりました。
フェラは今までで一番気持ちよく、気が付けば2、3人が周りにおり、初めて僕もフェラを経験しました。
「チンポうまいか?」や「パイパンか?変態だね」なんて言われて興奮度はドンドン高まりました。
「ケツ出来る?」と聞かれたので、来る前に洗浄もほぐしも済ませていることを伝えました。
四つん這いにされ、アナルにローションが垂らされ、指を入れられました。指を2本入れられ前立腺を擦られると喘ぐのを抑えることができませんした。
乳首、チンポ、アナルの同時責めで、すぐに射精感がこみ上げて来たことを伝えると、「お前は今日メスに堕としてやるから我慢しろ」とチンポは触って貰えなくなりました。
指が3本入った後、初めてのチンポがアナルヘと入ってきました。もちろん生ちんぽ。良くない行為なのですが、この時はゴムを確認する余裕もないほど興奮していました。
ディルドとは違う、生物感のあるものがアナルに出し入れされます。バックで掘られてる間も、目の前のちんぽを夢中でしゃぶりました。
ぐちゃぐちゃ、ずちゃずちゃと音を立てながら何度も腰を打ち付けられました。気が付けば相手は果ててたみたいだったが、中出しだったかは覚えてません。
周りには数人集まっていたので、代わる代わる掘られました。何人目かも覚えてませんが、正常位で激しく掘られた時、急に顔に血が集まる感覚に襲われました。
グワーッと体に力が入り、息がしにくくなりました。なんかヤバい!と思ったものの、伝えることが出来ないまま犯され続けていると、掘られているのにギンギンに勃起してきました。
「掘られてチンポ起ってるやん(笑)」と言われながら、ほかの人に両乳首を責められた時、目の前が真っ暗になるような、意識が遠のくような感覚に襲われ、つま先にぎゅーっと力が入りました。
「お前メスイキするんか?変態ちんぽ男だな。このまま堕ちれよ、これからちんぽ咥えて生きていけ」と言われ、今まで以上に激しく掘られました。
同時に頭の中で何かが弾けるような感覚に襲われ、獣みたいな雄叫びをあげて初メスイキしました。全身がビクンビクンと痙攣し、人生で1番気持ち良かったのを覚えています。
その後、何度もメスイキしながら数人に掘られました。トコロテン射精もしていたが、気づいたのは随分後でした。
終わった後はみんなとても優しく、シャワールームで体を綺麗に洗ってくれたし、飲み物もおごってくれました。
何人かが気にいってくれたのか、また会いたいと言われたので、連絡先を交換しました。
その後もその方達には何回もお世話になりました。
21歳、初発展場で完全にちんぽ好きに開発され、未だに発展場通いが辞められません。
発展場に興味を持つのは良いですが、行く時はそれなりに覚悟を持った方がいいかも知れません。
ハッキリ言って、バカ(変態)になった方が店内ではウケがいいです。
スカしてるとイケメンでも相手にされません。行くなら変に気取らず楽しむ気持ちが大事です。

これからハッテン場へ行こうかと思っている人へ

ハッテン場では周りに迷惑をかけないようにしてウィルスにも気をつけて楽しみましょう!またネットで下準備・掲示板などをみてからいくとハズレが少ないです。

ハッテン場によっては年齢層やスタイルが違うので、行く前は必ずネットで情報を集めてから行きましょうね。

ネットで出会うならマッチドットコムがおすすめです。たくさんのゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

今すぐヤりたい人気アプリで出会いたい
真剣な出会いノンケと出会いたい