冒頭から失礼します。

「私、40代が大好きなんです。」

普段結論から書くことはないんですが、40代の方はアクティブに動きさえすれば、出会いなんて簡単なはずです。

だから今回は40代をテーマとし、”40代の魅力”を存分に書かせて頂き、読んだ人にちょっとでも自信を持ってもらえるような内容で書いてみようかなって、思っています。

40代の現状

40代の出会いの現状ですが、書き出しと矛盾しますが、厳しいと私は感じています。

掲示板で40代と記載があると、抵抗を感じる人もいますし、ゲイバーでも不安定な位置づけになる事もしばしばあります。
若い世代が集まるお店では話の内容にギャップを感じたり、上の世代の集まる店もありますが、そもそもその世代が好きでなければ行く意味もありません。

結局バーで一人酒・・・勿体ないですね。

ハッテン場に関してもそうです。
私は大反対なんですが、年齢制限があるハッテン場があるって知ってましたか?
結局は見た目年齢だとは思うんですが、その制度は“出会いの場所”という本質から凄くずれていると感じています。

40代の魅力

でもそれは現状なだけで、40代の魅力を否定する要因にはなりません。
40代だからこそ魅力が実際あるんです。

まず、数多くの男達に抱かれてきた私ですが、40代は圧倒的にセックスが上手いです。
それは時間とかテクニックの問題じゃなくて、既にキスの時点で体が火照ることが多いです。

敢えて言葉にすれば、愛があるというのでしょうか?
セックスを軽視していない感じにとても惹かれ、愛しさを覚えます。

そして確立されたライフスタイルにも、とても惹かれます。
他人に合わせないというわけでは無くて、人生に自分自身の芯が一本あるような、そんなたたずまいです。

多分本人は意識していないでしょうが、それは30代でもなかなか真似できることではないんです。

年齢を楽しもう

人は何故、出会う際に年齢を確認するのでしょう?
たった2桁の数字でその人の事がわかりますか?
そもそも私は極端ですが、出会いにプロフなんか要らないと考えているタイプです。

例えば森に入り、太い木や細い木を見て、何かを感じますか?
私は何も感じません。

しいて言えば、人間が好むように手を加えられている自然を見ると悲しい気持ちになります。
でも生きていることに素晴らしさを感じます。

人間も同じであって欲しいと考えています。
年齢は生きた年輪なんです。
重ねた年輪(年齢)の分だけ、その人には色んな時間があったんです。

ゲイバーで勤務していた時代ですが、服装・会話・見た目など過度な若作りをしている40代の方をたくさん見てきました。
しかし私には、そんな方々が全く魅力的に見えませんでした。
自分が本来持っている魅力に自分でふたをしている姿が滑稽に見えたものです。

そんな若作りなんかしている人よりも、
「最近は俺もシワが目立ってきたなぁ~、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ」
と恥ずかしそうに、ビールを飲んでいる40代の男性の方が何倍もセクシーだと今でも感じています。

give and give

考え方の違いですが、こんな出会いに厳しい現状でも、魅力的な40代の方々に是非意識してほしいことがあります。

それはgive and giveの精神です。
Give and takeからの造語ですが、出会いということに当てはめるとtakeが“出会いが欲しい”という意味になります。

じゃあ何故give and giveを意識してほしいのか?
それは、既にあなたがそこに居てくれるだけで、相手に充分な魅力を与えているからなんです。
わざわざ必要のない若作りなんかしなくても、不安定な位置づけで困惑する場所でも、take(出会いを求める)なんかしなくても、相手は既に貴方を求めているんです。

だから、give and give…その相手ももっと何が出来るのか、そこに焦点を当て行動すれば、貴方の魅力がもっと引き立ち、容易に出会いに繋がります。
是非意識してみて下さい。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る