30代って、ゲイとかノンケとか関係なく、とても魅力的な年代です。

ノンケであればリアルに結婚を考える余裕も出てくる世代です。
では、ゲイの皆さんはどうなんでしょう?

自分もリアルな30代なんですが、出会いには正直四苦八苦しているのが現状です。
そんな私が書くのも申し訳ないんですが、今回は自分自身を振り返りながら30代をテーマにしてちょっと書いてみようかなって思います。

30代ゲイのイメージ

それぞれの年代にもよりますが、みなさん30代って聞いてどんなイメージを抱くでしょう?

私は、広い意味で“大人”というイメージがありました。
憧れに近いかも知れません。

洗練されているような、幼い私には無かった色気がそこにはありました。
以前ゲイを対象にした好きな年代に関するアンケートを読んだことがあるんですが、30代が圧倒的に人気でした。

そうなんです!
30代はモテるんです!

手数で勝負

改めて出会い方をお勧めするまでもなく、30代は出会いの数は多いです。

でもいざ30代になってみると中々きっかけが持てずに、昔に比べ出会いに慎重になっているのも事実です。
30代になると仕事も軌道にのり、時間も経済的にも、わりかし余裕が出てき始めます。

だから出会いのきっかけは、若い頃より多くなるはずなんです。
出会い系サイトを始め、アプリや、週末になれば飲みに行く回数だって増やすことは可能なはずです。
首都圏では30代をテーマにしたイベントまで開催され、大変盛り上がりを見せていると聞きました。

それでも中々出会うことが出来ないのは、やはり自分自身の中で何かが変わり始めた、ということではないでしょうか?

出会いの概念

私自身30代になり、一番大きく変わったのが、人と出会う際に相手の心を見るようになったことです。
清潔感など最低限のルックスの要望はありますが、見た目より中身を重要視するようになりました。

それでも、若い頃より出会いが難しくなったのは何故か?
そもそも人と人が出会うことがそんなに簡単な事では無いからなんです。

見た目に重点を置けば、“浅い”出会いは幾らでも出来ます。
でも中身同士の出会いに、“浅い”なんていうことは無いんです。
浅い時点で出会っていないんです。

そこで初めて、自分にとっての出会いの概念が変わったんだと気付かされました。

自分磨き

出会いの概念が変わっても、気を付けなければいけないのは自分磨きです。

どんなことだっていいんです。
体を鍛えるでもいいし、読書をするでもいい、洋服や食事を楽しんだり、何でもいいんです。

エネルギーが余っている若い世代は自然にこれをやっているんですが、30代になる皆さんは比較的油断しがちになります。

見た目を変える、じゃなく、自分磨きです。
難しく考えずに、自分の心に栄養を与えて、自分のライフスタイルを作ればいいんです。

安定してる毎日は平凡?
刺激が無い?
違います。

貴方が人である以上、安定した毎日にも必ず変化や刺激は訪れ、それを自分の中で栄養に変えようと意識するんです。

チャンスはほんの一瞬

心同士で触れ合う出会い、これは残念な事に案外わかりずらいものなんです。

見た目とは違い、心は様変わりします。
もしかしたら既に出会っているかもしれません。
初めて会った瞬間にわかることだってあるくらいです。

ふとした瞬間に相手に心を揺さぶられます。
でもそれはほんの一瞬なんです。

更に厳しい事に揺らされるチャンスなんて、それほど多くはありません。
だからこそ、その一瞬のチャンスが大切なんです。

その時がいつやってくるかわかりませんから、いつでも万全な状態に自分を整えておかなければいけませんね。

そして心が揺れた瞬間は、くだらないプライドや不安なんか投げ捨てて、自分の方からアプローチを掛けていきましょう。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る