せっかくハッテン場に行っても人が少なかったのでは話になりません。
色々な人と出会ってより多くのチャンスを掴みましょう。

ハッテン場に来る人たちも働いています。
そのため、曜日や時間で人の多さにも差があります。
仕事色がでやすい土地の場合はなおさら曜日や時間でハッテン場の賑わい方も変わってくるのです。

そこらへんをしっかりこの記事で予習してからハッテン場に出かけてみましょう。

狙いは華金!

普通の居酒屋でも繁華街でも一番人が多くて混むのはいわゆる「華金」こと金曜日です。
次の日はお休みだから飲んで行こうなんて人たちで賑わっています。

ハッテン場も変わりません。

一番人が多くいる曜日は金曜日です。
次に土曜日が多いです。
やはり次の日が休みの日は狙い目ということになります。

毎回金曜日以外の曜日に来る人はアパレルなど土日祝日に仕事がはいる職種の人が多いです。
スーツを着たサラリーマンがタイプならば確実に金曜日ですが、他を狙うならあえて違う曜日に来るのも良いです。

21〜22時からが本番!

やはり皆さん仕事をしていますのでハッテン場が賑わうのも夜からなのは間違いありません。
1軒目は仕事の付き合いで飲んで、ほろ酔いでハッテン場に来る人も多いです。

間違えてほしくないのは21〜22時が一番盛り上がるということではなく、21〜22時からが盛り上がっていくということです。
これ以前の時間に来てもまだ盛り上がりに欠けます。
この時間でも場所によってはまだまだなところも多いです。

遅い時間からハッテン場に向かうのがハズレなしのベストです。

オール覚悟で勝負!

先ほどの文章を読んでいただければわかる通り、盛り上がるのは深夜です。
特に金曜日など次の日が休みの日ほど、深夜のほうが盛り上がります。
終電などを気にしていてはちょうど盛り上がり始めたところで帰ることになってしまいます。

本当に盛り上がっているハッテン場で楽しみたいのなら次の日に予定はいれないほうが思いっきり楽しめるはずです。
体力的にもキツイですからね。

華金の深夜が一番盛り上がる!

結果一番盛り上がるのは次の日休みの金曜日です。
そして1軒目、2件目とハシゴしてから来る人や残業を終えてから来る人、わざわざ仕事が終わって遠くからハッテン場に来る人もいるので深夜が一番盛り上がります。

張り切って早めに行っても、「なんだこんなものか、違うハッテン場に行こう」と勘違いしてしまいます。
早く行けば大体どこもまだ盛り上がってないので同じような雰囲気です。

よくリサーチして、盛り上がっている様子を実際に感じてから、そのハッテン場が自分に合っているかをジャッジしましょう。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「発展場」のページに戻る