ゲイフリー掲示板でゲイと出会いたい人におすすめの出会い方と注意点!

私がデビューした当時(もう17年前です)、やっと携帯電話でインターネットが出来るようになった時代です。

液晶のカラーも始まり、友人とエロサイトの交換をしていて出会ったのがゲイサイトでした。
写メールも無かったそんな時代からゲイの掲示板は出会い系ツールとして愛用されていました。

掲示板を利用し、星の数ほど男と会ってきた私のお勧めの掲示板活用方法を書いてみます。

プロフィールは簡潔に

掲示板で大事なのはプロフィールです。
身長体重年齢、出来れば髪型や自分なりの体型も書くといいです。

またセックスポジションも記入は必須です。

このセックスポジションなんですが、是非リバという言葉をお勧めします。
タチやネコという表現は、別にアナルが出来る出来ないを表現しているものではありません。
アナルを使用しない人もたくさんいるんですから。

そこで限定的な表現を使ってしまうと出会える確率がどんと下がります。
実際のところどうかは別として、リバと書いて下さい。

求めすぎない

タイプの人と出会いたいから好みの男性像を細かく書く人がいますが、あれも逆効果です。
むしろ厳しいことを言いますが、そんなに細かい注文は読まれていません。

逆の立場で考えればわかるはずです。
プロフィール以外に書くのは趣味くらいが丁度いいんです。

好きなタイプを書くのであれば、多くても二つくらいにしておきましょう。

セックス前提の出会いであれば話は別ですが、人間同士で出会うのであれば、相手に求めすぎないという事はポイントです。

加工写真はやめましょう

今の掲示板はほとんどが画像掲示板でしょう。
画像はプロフィールよりも相手にメールを送るかどうかの決め手になります。

だからこそ画像は重要です。

もし真剣に出会いを求めているのであれば、まず加工画像はやめましょう。
最近はスマホが進化し、自分でも簡単な加工画像ができますが、加工は明白ですし、個人的には不気味にさえ感じます。

可愛らしさは加工で作るものではなく、生き様で作られるものなんです。

せっかくの良さが、加工により台無しになってしまっています。

また写真の撮り方ですが、可能であれば友人等第三者にお願いしましょう。
自分で感じる良さと他人が感じる良さはまるで違います。

掲示板では出会いは全部が他人です。
だから画像選定も自分本位ではなく、第三者の意見がとても重要です。
そうする事によって、自分の知らない自分の魅力が引き出されてきます。

掲示板利用の注意点

フリー掲示板は手軽さから利用者が全く減らず、むしろ増えている現状です。
その為に注意点というのもあります。

まず必ず匿名のアドレスを使用しましょう。
ネット上という観点から悪用している方がまだたくさんいます。
迷惑メールの原因にもなり得るので、信頼してから本当のアドレスを教えて下さい。

また複数回の投稿は出会いの確率を下げます。
出会えないと焦る気持ちはわかりますが、見ている方としてはそれだけ魅力が無いという解釈になります。
多くても数か月に一度くらいのペースがお勧めです。

待つだけじゃ出会いはない

掲示板と聞くと、自分が載せてそこで初めて出会いがあるような印象を受けます。
実際自分も利用していた頃は載せて待つばかりでした。

でもそれで学んだことは、待つだけでは出会いなんかないってことなんです。

載せてしまうと閲覧する事が疎かになります。
みんなそうであれば出会いなんて一生ありません。

掲示をするというエサ蒔きも必要ですが、メールを送るという収穫も無ければ、掲示板での出会いは成立しないんです。

利用を始めるとどちらかに固執してしまうのが掲示板ですが、エサ蒔き、収穫、どちらも念頭に置き掲示板を利用すると、出会えるチャンスはうんと広がりますよ。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

おすすめの関連記事



ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「ゲイとの出会いの基本」のページに戻る

ページの先頭へ