中国でゲイと出会いたい人おすすめの出会い方と注意点!

近年の経済状態の変化により一気に発展を遂げている国、それが中国です。

日本にも中国からの訪問者が増えて、大きな家電量販店で大量に買い物をしている中国の方をよく見かけます。

でも不思議な事に、日本国内で中国のゲイの方に会ったことはほとんどないんですよね。

中国の方には日本のゲイ事情はどう映っているんでしょう?
今回はそんな中国に注目してゲイ事情を探ってみようと思います。

中国のゲイバー

中国ではやはり大都市、上海にゲイバーが密集しています。

中国のゲイバーの特徴は移り変わりが激しいところです。
せっかく気に入ったお店を見つけても、次行ったら閉まっていた・・・なんてことも少なくありません。

日本のようなスナック形式のお店もありますが、どちらかというとショットバーのような広めのバーに人が集まる傾向があります。
しかし、女性客も多いので出会いという意味では難しいかもしれません。

でも、同じアジアという事で日本語が出来るママさんがいる店もあります。
そういう場所ではママの計らいでマッチングさせてくれることもあります。

中国のハッテン場

中国にはハッテン場が数件しかありません。
主に上海です。

人口に比べたらあまりに少ない軒数のような気がしますが、一つ一つのハッテン場が広いので、収容人数は多いようで、出会いのチャンスは大いに期待できます。

一見大衆浴場のような外観ですが、立派なハッテン場です。

出会うポイントは、ずばり大浴場です。
どこのハッテン場にも比較的広い浴場があり、その一角がダークスペースになっていて、そこでみなさん交わっているんです。
仕切りなどはあったりなかったりなので、落ち着かない感じはあると思います。

日本のように簡易的な個室は無く、ちょっと不便ですが、受付に言えば個室もちゃんと貸してくれます。
有料であるのが難点ではありますが、その人とゆっくり楽しむためにはやっぱり個室は必要ですね。

中国のアプリ

中国でもゲイアプリは盛んに使われています。
日本とはまた種類は違うようですが、チャット形式のようなアプリが現在注目を集めています。

実はこういったアプリの普及の背景には様々な問題がありました。
中国は、今はある程度緩和されていますが、インターネット等に規制が掛けられており、インターネット上でゲイのみならず第三者と連絡を取りあうのが非常に困難な場合がある国なんです。

しかしインターネット上の世界が緩和されないとゲイ同士の出会いは難しいというのが私の本音です。
今、新しいアプリも開発されて、軌道に乗り始めている段階なので、また新しい形で出会いの輪が広がっていく事でしょう。

ちなみに、中国で人気のゲイアプリはマッチドットコムです。※18禁

中国での注意点

中国で注意する点は、単純にお金です。
飲み屋でも日本人だとわかると高額な請求をされる場合があるので、料金設定は事前確認することをお勧めします。

またハッテン場にはマネーボートと呼ばれる、要はお金を出せばセックスしてあげる、的な若い男の子たちがいます。
お金を払ってもしたいなら別ですが、それでも最初は高い金額を請求してくるので、関わらない方が身の為です。

性的少数派への中国の見解

中国という国は、文化的にも政治的にもあまり同性愛者に穏やかではありません。
偽装結婚や同性愛者であるが故に社会的立場を失ってしまう方が今でもいます。
歴史が築き上げてきた現実を変えることは容易ではないです。

でも誰かが立ち上がらないと世界は変わりません。
ゲイバーもハッテン場もアプリもあるんですから、まず貴方自身が彼らの声に耳を傾けることです。

共感できる部分はたくさんあるはずです。
そしてお互い手を取り、勇気を持って立ち上がることで何かが変わり始めるかもしれません。

いつかLGBTが全く差別や区別を受けない世の中になる事を私も祈っています。

ちなみに、マッチドットコムならたくさんゲイと出会えます。※18禁

おすすめの関連記事

ゲイの出会いといっても様々です。
あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

真剣な出会い今すぐヤりたい

最新のゲイ情報を定期購読する

メルマガでしか話せないお得なゲイ情報が受け取れます。




「海外のゲイとの出会い」のページに戻る

ページの先頭へ